読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのおすすめGem その1

こんにちは。
Misoca開発チームの下っ端のめろたん(@)です。
好きな飲み物はメロンソーダです。 アイスがのっていると、なお良しです。

今回はMisocaで使っている便利・おすすめGemを紹介したいと思います!

letter_opener

github.com

アプリでアカウント登録時にメールを送信する。とか、アプリからメールを送信するといったことは多くあると思います。
しかし開発用にメールサーバーを立てるのも手間ですし、メーラーでメールの文面を確認するのも面倒です。

そこでこのletter_openerというGemを使いましょう!

letter_openerを使うことで、メールの内容をブラウザ上で確認することができます。

Gemの追加

Gemfileletter_openerを追加して、コンソールでbundle installします

gem "letter_opener", group:  :development

設定

config/environments/development.rb

config.action_mailer.delivery_method = :letter_opener

と書くだけで終わりです!

これで実際にメールが送信されるときに別タブでメールの内容を開いてくれます!便利! f:id:renya-mizuno:20150422095232g:plain

余談

作者のRyan BatesはRailsCastsの運営者でもありますね。
cancanというgemの作者でもあります。
ずっと音沙汰がありませんでしたが、最近少し元気になったようで何よりです。
https://github.com/ryanb

vcr

github.com

外部のAPI等Webにアクセスをするテストを行うときに、webmockを使用してテストする人が多くいると思います。
ですが、webmockのレスポンスの作成が非常に面倒でもあります。

そこでこのvcrです!

vcrは一度だけWebにアクセスしてその結果を保存しておき、その後のテストではその保存した結果をレスポンスとして返します!
モックのデータを作成する必要がなくなります!便利!

Gemの追加

Gemfilewebmockvcrを追加して、コンソールでbundle installします

group :test do
  gem 'webmock'
  gem 'vcr'
end

設定

spec_helper.rb

VCR.configure do |config|
  config.cassette_library_dir = 'spec/fixtures/vcr_cassettes'
  config.hook_into :webmock
end

のように追加します。

以上で設定は終わりです!

使い方としては実際にWebにアクセスするところを

VCR.use_cassette("hoge") do
  response = Net::HTTP.get_response(URI('hogehoge'))
end

のようにすることで、 spec/fixtures/vcr_cassetteshoge.ymlが作成されます。
2回目以降のテストはこのファイルを使用してテストされます!

wisper

github.com

Railsアプリでよくモデルやコントローラにロジックを書きすぎて肥大化してしまいすごく読みにくくなってしまう...
ということはよく聞きます。弊社でも以前はそのような感じでした。

しかしwisperを使うとうまく切り分けることができます!

Gemの追加

Gemfilewisperを追加して、bundle installします

gem 'wisper'

使い方

class Hoge
  include Wisper::Publisher

  def call(fuga_id)
    fuga = Fuga.find_by_id(fuga_id)

    # ビジネスロジック

    if fuga.fuga_fuga
      broadcast(:successful, fuga.id)
    else
      broadcast(:failed, fuga.id)
    end
  end
end

上記のコードのようにビジネスロジックを書いたクラスに Wisper::Publisherincludeします。

hoge = Hoge.new

hoge.on(:successful) { |fuga_id| ... }
hoge.on(:failed) { |fuga_id| ... }

hoge.call(fuga_id)

実際にこのように使います。
hoge.callbroadcast(:successful, fuga.id)に流れた場合、hoge.on(:successful)の処理が実行され、failedの場合もまた然りです。

また、

class HogeNotifier
  def successful(fuga_id)
    # ...    
  end
end

のようなクラスを用意して、

hoge = Hoge.new

hoge.subscribe(HogeNotifier.new)

hoge.call(fuga_id)

のようにすることで、successfulの場合HogeNotifier#successfulが呼ばれます!

これでロジックを切り分けることができて、コードが読みやすくなります!
if ~~~~となっているより :successfulとかのほうが直感的に理解しやすいですね!

gon

github.com

RailsアプリからJavaScriptにオブジェクトを渡すとき、gonを使うととても簡単に渡すことができます!

Gemの追加

Gemfilegonを追加して、bundle installします

gem 'gon'

設定

application.html.erbのheader等に

<%= Gon::Base.render_data({}) %>

と追加するだけです!

実際に使用する場合にはcontrollerで、

gon.hoge = @hoge

と書いて、JavaScript

gon.hoge

とするだけでそのまま使えてしまいます!
とても便利!

最後に

如何でしたか?
この記事を読んでいただいて、これ便利だなーと思っていただければ幸いです!

今後も便利Gemは記事にしていくつもりですので、また読んでもらえればと思います!