読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根合宿に行きました

こんにちは、Misoca開発チームのmzpです。 最近、またiPhoneを割りました。

先日、Misocaメンバーで島根に合宿に行ってきました。

1日目: 移動

初日は、通常業務を昼ごろで切り上げて島根へ移動しました。

f:id:mzp:20160711165003p:plain

出雲空港につくと早速、Rubyの看板が出迎えてくれるのでテンションがあがりました。

f:id:mzp:20160711165135j:plain f:id:mzp:20160711165306p:plain

空港まで島根でリモートワークしている日高(@hidakatsuya)が迎えに来てくれたので、そのまま宿泊先である中村屋さんに向いました。宿のすぐ前が海になっており、景色がとてもよかったです。

この日は移動で疲れてたこともあり、あっさりと寝ました。

二日目: 会社訪問とトビウオ漁

f:id:mzp:20160711165855j:plain

f:id:mzp:20160711165904j:plain

二日目は松江にあるファーエンドさんとNaClさんを訪問しました。

f:id:mzp:20160623142546j:plain

午後は宿に戻り、全員でMisocaの開発について思っていることを話し合いました。 今まさに困ってることは普段話をできるので、ここでは短期的には問題ないが、このままだとよくないと思っていることについて話し合いました。

主に以下のようなことについて話し合いました。

  • 日々のタスクの改善タスクの割合について
  • リモートワーク側からオフィス側に話しかけるのに心理的障壁があることについて

f:id:mzp:20160711171437p:plain

夜はトビウオ漁(アゴすくい)に挑戦しました。 ボクはほとんど掴まえることができませんでした。

3日目

f:id:mzp:20160711180639p:plain

3日目は、合宿先である島根県松江市で開催された Agile Japan 2016 島根サテライト に参加しました。Agile Japan 島根サテライトは今年で6年目の開催となるそうです。

今年の島根サテライトのテーマは「地方都市での働き方」。Misoca はGoldスポンサーとして、2つのセッションとパネルディスカッションをさせていただきました。

f:id:mzp:20160711180902j:plain

午前の部からみんなで参加して、昼は そば処 庵兵衛 というお店で蕎麦をいただき午後の部へ。写真は角谷氏が食した割子5枚。たいへんおいしかったです。

f:id:mzp:20160711180959j:plain

Agile Shimane の鶴原さんの開催挨拶で午後の部がスタート。

f:id:mzp:20160711181105j:plain

弊社代表の豊吉も、開催挨拶の中でGoldスポンサーとして挨拶。

f:id:mzp:20160711181122j:plain

最初のセッションでは地方発のスタートアップ企業としてMisocaが取り組んできたことを紹介しました。 チームとして大事にしていること、これからも大事にしていきたいことについて話をさせていただきました。

f:id:taiki-t:20160711182325j:plain

続くセッション2では、「東京・島根からリモートワークしてわかったこと」をテーマに、高山と日高がそれぞれの経験や感じたことについて発表しました。まずは高山から。

高山は、東京から名古屋に引っ越してきたという背景があります。東京と比べ、名古屋はどうしてもコミュニティが少なくなってしまうということで、いかにその少なさと向き合うか、少なさに対処するかという観点からの話をしました。

Rubyコミュニティを名古屋で作ってみた話、名古屋からリモートで東京のコミュニティを運営してみた話など、経験に基づいた発表でした。

発表後の質問タイムでは、どのようにすればコミュニティを拡大できるか、コミュニティのメンバーはどういった方なのか、などの質問が見受けられました。

f:id:hidakatsuya:20160712180818j:plain

セッション2の二番手として、日高が「リモートワークはチームでやる」というタイトルで発表しました。

日高は、合宿先であり AgileJapan 2016 島根サテライト開催地でもある島根県松江市に住んでおり、普段はフルタイムのリモート勤務を行っています。また、昨年10月に Misoca に JOIN するまでは地元松江市SIer に勤務していました。

発表では、Wantedly で Misoca の求人 を見つけたところから、県外企業である Misoca を選んだ理由と JOIN するまでの詳しい経緯、8ヶ月間のフルタイム自宅リモートワークを通じて感じた、定期的にオフラインでメンバーと一緒に働くことの大切さ、リモートを常に意識した Misoca チームのプロセス作りについて話しました。

Misoca のリモートワーク環境等については下記エントリーで詳しく紹介しています。

tech.misoca.jp

f:id:mzp:20160711181434j:plain

ライトニングトークの先頭バッターとして、奥村がMisocaの紹介を行いました。参加者の皆さんにMisocaを知っていただく良い機会になったのではないかと思います。

f:id:mzp:20160711181600p:plain

イベント後は懇親会に参加すべく「彩鮮酒楽やぁ」へ。Ruby 関係の懇親会会場としてはお馴染みらしいです。たいへん盛り上がりました。

4日目

最終日は、特に合宿ということはなく各自観光をして名古屋に帰っていきました。

ボクは出雲大社を見に行きました。

f:id:mzp:20160711171727p:plain

f:id:mzp:20160711171735p:plain

最後に

今回の合宿は松江市産業観光部および、一般社団法人松江観光協会 美保関町支部の支援のもとに開催されました。 また、訪問先の企業の皆様、今回のAgile Japan 2016 島根サテライトを主催されたAgileShimaneの皆様にも大変お世話になりました。

この場を借りてお礼申し上げます。