読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyKaigi 2016 参加レポート

こんにちは、黒曜(@kokuyouwind)です。
京都国際会館を撮ったら、天気が悪かったのも相まって魔王城みたいな雰囲気になってしまいました。
なんとなく鬼岩城っぽくないですか?(遊戯王や大長編ドラではなく、ダイ大のやつ)

f:id:kokuyouwind:20160915154807j:plain

というわけで、9月8日〜10日に京都国際会館で開催されていた RubyKaigi 2016 に参加してきました!

今回はMisocaがDrinkupスポンサーになったこともあり、代表取締役@toyoshiを始め10名ものメンバーが参加しました。
開催期間中は名古屋より京都にいるメンバーの方が多い状態になっていたと思います。

以下、セッションの話とドリンクアップの話に分けて、レポートをまとめていきたいと思います。

セッションについて

ほとんどの開発者は初日のOpeningから最終日のClosingまで参加していたため、「次はA会場とB会場どっち聞きに行く?」といった会話で盛り上がっていました。
(松江から来るメンバーが電車の都合で遅れたり、2日目以降の朝に数名が寝坊してKeynoteを聴き逃したりしてましたが)

今回はConcurrencyやOptimizationの話題をはじめ、良い意味でRubyらしくないセッションが多く興味深かったです。
なかでも初日にConcurrencyのセッションが集中していたため「ConcurrencyのセッションがConcurrentlyに開かれるConcurrent RubyKaigi」というジョークも飛び出していました。

一方で応用的・実践的なトピックを取り扱ったセッションは昨年より少ない印象でした。
とはいえ参考になるセッションは多く、レガシーコードをリファクタリングする話未使用コードを検出する話HTTPクライアントをAPIと疎結合にする話などは開発に取り入れやすい話題だったと思います。

さすがに3日間続けて発表を聞き続ける機会というのはそうそうないので、最終日のKeynoteなどはかなりヘトヘトになりながら聞いていました。
総じて、普段あまりかかわらない基礎的なトピックと、業務にそのまま使えそうな実践的なトピックとを両方聞くことができ、良い刺激になりました。

ドリンクアップについて

先述の通り、今回のRubyKaigiでMisocaがDrinkupスポンサーになっており、2日目の夜にMisoca主催のドリンクアップイベントを開催しました。
事前に参加者登録が必要だったのですが、早々に定員を上回る申込みをいただき、最終的には枠を増やして90人ほどの方にご参加いただきました。

f:id:kokuyouwind:20160915171606j:plain

こういったパーティーを開催するのは初めてでノウハウがなかったため、入場整理から撤収に至るまで、かなり手探りの進行になりました。
最終的にはDoorkeeperでの参加者確認がスムーズだったことや、会場のスタッフさんを始めいろいろな方の協力を得られたこともあり、スムーズに進行することができました。

また企画についてもどういったものがあると良いかを打ち合わせ、最終的に「アイコン画像ステッカーの配布」と「Misoca開発者のトーク会」を行いました。

イコン画像ステッカーの配布についてはTwitterなどでの知り合いはアイコンが分かるとコミュニケーションしやすいだろう、というアイディアです。
参加者の方からよかったというご意見をいただけましたし、個人的にもアイコンがあることで「Twitterではいつもお世話になってます」みたいな話ができたので、良い企画だったのではないかと思っています。

開発者トークについては、自分も含めたMisocaの開発者3名がステージに上がって色々話すことで、Misocaの雰囲気を知ってもらおうという企画でした。
こちらについても予想より多くの人に聞いていただき好評だったものの、歓談と並行したことや音響の問題もあり、少し聞き取りづらいなどのご意見もいただきました。
こういった課題については、次回があれば活かせていければと思います。(次回、あると良いな)

参加者の方々のご協力もあり、Misocaメンバーも参加者の方も一緒に楽しめる良いイベントになったと思います。
ご参加いただいた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

なお、ドリンクアップについては代表取締役の豊吉による開催報告記事もありますので、よければご覧ください。

まとめ

自分は去年のRubyKaigiからの参加なのですが、去年に比べるとある程度Rubyに触れてからの参加となったことや、MisocaがDrinkupスポンサーとなったことから、セッション面でも交流面でも去年より得るものが多いイベントになりました。
来年のRubyKaigiも参加していきたいと思いますので、また来年会場でお会いしましょう。

…あ、来年の話をする前に、RubyWorld Conference 2016にも参加するんでした。
こちらはスポンサー出展はなく、メンバーも3名程度の参加ですが、会場でお会いする際はよろしくお願いします。

MisocaではRubyKaigiを楽しみたい開発者を募集しています!